医院経営支援

税務申告・相談、会計・記帳代行

税務申告・相談

一般企業と医療機関は課税の仕組みが違うため、医療機関に精通した税理士でないと適切なアドバイスは難しい

ドクターの皆様もご存知のとおり、病医院などの医療機関と一般企業では、税務処理方法が大きく異なります。
医療機関特有の会計処理や税務処理の知識が必要不可欠となるため、医業の税務に精通した税理士やコンサルタントでなければ、適切な税務アドバイスが非常に難しいのが現状です。
私たちも開業当初は、経験やノウハウが浅く、苦戦した時期もありました。

税理士のセカンドオピニオンをつけましょう

そんな当社も現在では、医業経営をサポートする専門の部署を持ち、医業経営独特の会計税務処理のノウハウを数多く蓄積しています。 そして税務・会計に限らず、経営にも詳しい医業経営コンサルタントも在籍しています。
そのため、小川会計医業経営サポートセンターでは、税務相談はもちろんのこと、経営のアドバイスまで行うことが可能です。

医療業界ではセカンドオピニオンという考え方が広く浸透していますが、当社も医業経営に詳しい税理士法人として、セカンドオピニオン対応も積極的に行っております。

  • もっと税金が安くならないか?
  • 適正な経営アドバイスが欲しい
  • 患者さんを増やすにはどうしたら良いか?

など何でもお気軽にご連絡ください。

  • 現在の顧問税理士先生とのお付き合いはそのままで、ご利用いただけます。
FAXからのお申込みはこちら(PDF形式)

会計・記帳代行

会計作業は経営に必要不可欠だが、ドクター自身が行う必要はありません

ドクターの皆様から自院の会計についてこんな声を多くいただきます。
「日々の業務が忙しすぎて、帳簿なんかつけてる時間ないよ・・・」
「ウチの税理士は“自計化しろっ!”の一点張りで記帳代行してくれない!」
「私は医療に集中したいから、会計知識を新たに覚えるのはちょっと・・・」
など、会計作業に抵抗を示されるドクターが非常に多いです。

それもそのはずで、会計作業はあくまでも本業の補助的作業でしかありません。
そのため私たちは、ドクターの皆様が少しでも本業以外の作業から開放されるように、記帳代行から月次の数字管理まで行う“まるごとお任せのアウトソーシングコース”をご用意しています。

会計資料をもとに経営判断をすることが、ドクターの大切な業務です

とはいえ、会計業務を委託いただいたとしても、会計が医院経営にとって非常に重要なものであることは変わりありません。 経営は、自動車に例えるならハンドルに相当する、大切な舵取りの部分です。会計は、運転に計器が必要なのと同様に、現実的に経営を行うには必要不可欠です。

しかしながら、その舵取りのベースとなる会計資料作りまでを、ドクターご自身が行う必要はありません。
負担を感じやすい会計・記帳作業を、ドクターに代わって私たちが担い、出来上がった資料を見ながら重要なポイントや指標を担当者が説明し、時には私たちから経営のアドバイスを行う。
そしてドクターは、その資料をもとに経営に必要な判断を下す。
そのような役割分担が最適ではないでしょうか。

ドクターの専門サポーターとして、私たちが的確かつスピーディーに貴院の数字管理、記帳を行います。ご興味やご質問があれば、いつでもご連絡ください。