開業支援

開業時の資金調達

資金調達先

複数の金融機関から、自院の計画に合った金融商品を選ぶ

借入先の候補にあがるのは一般的に「政府系(日本政策金融公庫など)」「銀行」「信用組合や信用金庫」となり、以前であればその中でも日本政策金融公庫がベストな選択だといわれていました。
ただし、現在は金融商品も多様化され、一概にどこの金融機関の商品が一番…とは言えなくなっています。

一般的に借入先を選ぶ際には「金利」「返済期間」「元本返済据置の可否」などがポイントとしてあがりますが、意外と見落としがちなのが、「必要な担保は何か?」という事です。 「無担保・無保証」で借入するのが理想ですが、現実的には担保および保証人なしで借りられる金額は1,500万円~2,000万円程度が上限となります。
そうすると借入金の多くは担保等が必要となるわけですが、担保の評価額が金融機関によって違う場合があることをご存知でしょうか…?  例えば自宅の土地や建物を担保とする場合でも、「A銀行での担保評価額が5,000万円であったのに対し、B銀行では6,000万円で評価してもらえた…」というようなケースが実務上よくあります。
つまり、担保評価が高い方が借入可能金額も上がるということです。

どうしても担保の用意が出来ない場合には、銀行などのドクターローンを利用する方法もあります。
元金返済の据え置きや、借入期間の延長などを上手に活用すれば、開院初期の返済がとても楽になります。

このように、借入先の選択というのは思った以上に「多くの情報収集」と「それを選別できるノウハウ」が必要となります。
当社では、多くの金融機関と定期的に情報交換を行うことで、皆さまお一人お一人にあった借入サポートサービスを行っています。