経理改善サポート

自社で経理業務を行ってはいるが、どうも非効率ではないか?などとお感じの経営者の方もいらっしゃいます。
経営判断のためにもその月の試算表はすぐに見たいが、できあがるまでに何ヶ月もかかってしまうケースもあります。しかし経理を早くしたいからといって経理担当者を増やすほどなのかどうか、とお考えの方もいらっしゃるかと存じます。

経理業務全般の見直し・効率化

人を増やせないなら、現在の体制で効率的にできるように検討してみませんか?
まずは会計の専門家により、客観的な業務分析を行います。 その後、お客様の規模や経理体制に合ったご提案をいたします。ソフトウェアや当社へのアウトソーシングの有効活用等も含め、様々な選択肢から最善策を検討します。

月次決算・月次集計の早期化、正確な数字の把握、迅速な経営判断をサポートします。また、無理やムダをなくし、経理部門等の間接部門で生じるコストの見直しが図れます。

自計化ソフトによる効率化

必要に応じて、お客様の現状業務や経理体制に合ったソフトウェアのご提案、導入から運用までをサポートします。
自計化の詳細は、「会計・給与計算ソフトの導入支援」も併せてご覧ください。

外部委託が選択肢となることも

特に給与計算などは、自社内で行う人件費と比べた際に、外注費の方が安いこともあります。当社でも、記帳や給与計算の代行を行っておりますので、お客様のご要望に応じてではございますがご提案いたします。
記帳代行・給与計算代行の詳細は、「記帳代行・給与計算代行」も併せてご覧ください。

マニュアル化による業務ルール徹底も

複数の担当者がいて業務ルールが統一されていない、経験の浅い担当者がいるという場合には、業務ルールの見直し・徹底という選択肢もあるかもしれません。
業務ルールの構築にご興味のある方は、「ISO・内部統制・BCP等認証支援」も併せてご覧ください。(認証は必須ではありません)

上記は一例であり、お客様の状況やご要望に応じてケースバイケースでご提案します。経理業務の改善が経営改善にまでつながるよう、ご支援いたします。

こんなお客様にお勧めです!
  • 自社で経理業務を行っているが、効率が悪いように感じる。
  • 経理業務に時間をかけず正確に行いたい。
  • 月々の試算表の完成が、遅い。早く検証し、経営に役立てたい。
  • 経営会議・営業会議などでは、ある程度正確な数字を把握した上で議論したい。
  • 経理業務を早くしたいが、経理担当者を増やすほどではないと感じている。
  • 経理業務を改善し、業務の効率化を図りたい。
  • 経理ソフトを有効利用できているか心配。